富里スイカについて

来歴と特性

  • アフリカ原産で、高温・乾燥・日照の多いのを好む。
  • 日本には1500〜1600年に渡来し、その後全国各地に広がった。明治35年にはヨーロッパやアメリカの優良品種が改めて導入され、奈良を中心に改良、栽培された。
  • ビタミンでは主にAを含み、カリウムを多く含む。利尿作用があり、肝臓病や身体のむくみの防止に効果があるといわれる。
  • 果実の成熟には積算温度1000〜1200℃を必要とする。
  • 乾燥には強いが、多湿には弱い。根は浅く広い。
  • 花は花弁が5枚、早朝に開花し受粉する。雌花は一般に5〜7節ごとに次々に咲く。

産地のおこり

西瓜査定会(目揃え会)での1コマ富里市の位置している北総台地の土壌は火山灰土の軽い土ですが、この土壌に向いた品種が昭和のはじめにかけて千葉県農業試験場で育成され、スイカの栽培が増加しました。

昭和10年(1935年)「富里村西瓜栽培組合」が発足し、翌年には皇室にスイカを献上、栽培の統一、検査出荷の共同化によって、新産地として一躍名声を博しました。

生産技術について

スイカの栽培はユウガオの台木を播くことから始まる当初はつる割れ病などの土壌病害の関係から、連作(同じ畑に毎年同じ作物をつくること)ができませんでしたが、昭和30年代に接木技術が開発され、連作が可能になりました。

その後、トンネル・マルチ栽培による集約的整枝栽培が普及し、農協と出荷組合の一体化による検査・市場指定・計画出荷を行い、高値販売の実績をつくり、千葉県スイカの名声を高めました。

環境について

高崎川からスイカのガスタンクを望む富里市は海に囲まれた千葉県の中でも内陸に位置し、昼と夜の温度差が大きいとされています。実はこのことによってスイカの糖度が上がり、つまり甘いスイカができます。

富里のスイカの出荷時期は5月中旬から7月中旬までとなっており、ちょうど梅雨の長雨の時期と重なります。これはスイカにとって必ずしも良い環境(気候)とは言えません。しかし、富里市ではビニールハウス栽培(トンネル中でのスイカ栽培)することによって、その悪い条件を克服しています。

産地の動向

6月:スイカロードレース(スイカの給水所)富里市の農地は田んぼが少なく、ほとんどが畑です。専業農家の割合も高く、スイカを主体としている農家の数が多いのが特徴です。毎年、最盛期となる6月には「すいかまつり」や「スイカロードレース」などのイベントが行われ、たくさんの人が集まります。

JA富里市 富里市農業協同組合
286-0221 千葉県富里市七栄652-225
TEL:0476-93-2111 FAX:0476-92-5819
このページの先頭へ